中国の春秋戦国時代を描いた歴史物です。下僕の身分で生まれた信が、後の始皇帝となる政を助け、天下の大将軍を目指して、合戦に身を投じて行きます。下僕という低い身分だったため、1人の下級兵士から始まり、「飛信隊」という部隊を率い、100人隊、1000人隊と、合戦で功をあげながら、身分を上げて行くのが面白い。部隊が大きくなると、合戦の見え方も変わってくるので、少数での奇襲から、城の奪い合い、そして国盗りへと、立身出世していくのを一緒に楽しめます。合戦は、剣と剣の爽快な戦闘シーンもあれば、練られた軍略の駆け引きもあります。戦う敵にも味方にも、一癖も二癖もある将軍達が揃い、武力も知力も備えた、化け物同士のハイレベルな合戦は勝った負けたでは終わらない、壮大な人間ドラマがあります。その中で、個性豊かな部隊の仲間達と、死の悲しみを乗り越え、成長していく姿は感情移入なしには見れません。敵国にも感情移入したくなる相手が多く、これから天下統一へと向かう状況ですが、楽しみと同時に寂しさも感じる、そんな漫画です。

カテゴリー
タグ