少年漫画として連載されているONE PIECEですが、昔から女性にも人気の高い作品です。私自身も女ですが、小学生のころから大好きであり、25歳となる現在も新刊が出るたびに購入しております。ONE PIECEは個々のキャラクターに個性があり、そのキャラ設定がしっかりしているところや、歴史上の逸話や現実の都市をモチーフにした島が登場したり、非現実的作品でありながら、過去実際に起きたことを利用している点なども魅力の一つだと思います。

 

主人公のルフィが海賊王になるための冒険をしていくことを主軸にした作品ですが、その冒険のなかで感動シーンがたくさんあり、これが女性にも人気な理由だと思います。私がなかでも好きなのはルフィの仲間である、ロビンについてのお話が描かれていたエニエスロビー編です。ロビンは考古学者でONE PIECEの世界における謎の一つである、空白の100年について調べており、ポーネグリフという石を探している女性です。彼女はそのポーネグリフを読める最後の人で、その能力ゆえ、裏切り裏切られる人生を送ってきましたが、ルフィ達に出会い、初めて仲間を信じたい、生きたいという感情が芽生えた女性です。その能力ゆえ、政府に捕らわれたロビンを救出する話が描かれているのがエニエスロビー編で、この話は何度読んでも泣けてきます。

 

他にもONE PIECEには魅力的なお話がたくさんあります、なかなかの長編なので読むのは大変かもしれませんが、私は友達などに絶対薦める漫画の一つです。

カテゴリー
タグ